読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知的饕餮日記

はてな女子で知識欲の亡者で発達障害で腐女子な人の日常だったり恨み節だったり

子供は案外細かいことを気にするよという話

ネーミングは重要である。
データのファイル名も、newpage1.html、newpage2.html、…などというのがいくつも続いてはわけがわからなくなる。そのデータの性質や作成年月日、用途によって適切な名前を考えなければならない。
いわんや人名をや。

萌え対象様の配偶者さんとほぼ同姓同名

これが私の本名である。例えて言うと『ダルビッシュ冴子』みたいな感じである。私ダルさんが生まれてくる前からダルビッシュだったんですけど!と言いたくなることも一度や二度ではない(もちろん『ダルビッシュ』はフェイクである)
本物の萌え対象様は、ダルさんとは違って今のところ離婚するような兆しはない。お子さんもいることだし、離婚を願っていたりはしていない。
ただふとした拍子に「この人ダルビッシュ(フェイク)が好きすぎて本名いじったんじゃないか」と誰かから思われているのではないかと恐怖する。

どうも名づけの理由がわからない

自分の名前にどんな意味があるのか、という作文を、小学生時代に書いた人は決して少なくはないだろう。
そういった際に、親からどんな思いを受け取ったのか、知る機会があればよかったのだが、残念ながら私の通っていた学校にはその宿題は出なかった。
そして、私の名前は兄たちとは明らかに異質である。
以下ある程度のフェイクを交えて説明する。
兄1は、祖父(とされる人物)の『宏』と、父の『和夫』から1字ずつ取って、『宏和』と名づけられた。
兄2は、祖母(とされるクソババア)の『書』と、母の『漢美』から取って、『漢書』と名づけられた。
以前中国の服飾史の本を読んでいたら、今までにない勢いで兄の名前が出まくって驚いた。人名としては少し珍しい名前で、今まで同名の人すら見たことなかったのに。
かといって、クソな大人どもが「劉邦大好き!尊敬してます!」と思って命名した、なんてことはまったくない。おそらく劉邦のことも知らなければ、漢の史書の名前が『漢書』であることすら知らないだろう。
フェイクでない、本物の王朝の創始者は、劉邦よりもはるかにアレな行状が知られている人物なので、その人物を知っていて敢えてその王朝の歴史書の名前をつけるとは思えない。
つまり何も調べなければ考えもしない、いい加減な人たちだったのである。

そして私の名前だが

この『周囲の大人から一文字ずつ取る』という法則から外れている。
子供の頃は別に気にしていなかったが、恨みを込めて見るとどうにも苛立ちが勝る。
もし私がもう少し大らかでない子供だったとしたら、「もしかして私はこの家の子じゃないのかもしれない…!」などと思い悩んでいたかもしれない。
実際に私が思い悩んだかどうかよりも、そういったことを防ぐ気遣いの欠如が、無性に腹立たしいのである。
正直、彼らは私の名前をあみだくじかさいころで決めたのではないかと疑っていた。
そうでなければ、名づけた生き物に対して、ことごとくその名前に反した仕打ちを加えるはずがない…と思っていた。

しかし

2013年、私は唐突に気づいた。
要するに彼らは馬鹿なのだ。自分の行為によって相手がどう思うかなどは考えず、本能と反射で動く生き物なのだ。到底社会的な動物ではないのだ。
そんな馬鹿の本能と反射に、何か人間的な意思があるかもしれない、あるはずだ、あるに決まっていると読み取ろうとするから腹が立つ。
そんなものはない。ないものを探しても見つかるはずがない。
そう思うことで、少しだけ楽になった。と同時に悲しくなった。
自分の親が馬鹿であると認めるのは、そう愉快なことではない。
子供に自分たちが馬鹿だと見抜かれないように、日々考えて挙動することが、将来の子供のために重要である。